古代アレクサンドリア図書館と視聴覚室の収蔵資料目録

書籍や映像コンテンツ、ライブイベントやミュージアムなどの見聞記

昔の航空写真がグーグルアースでも見れるようになっていた@国土地理院

time 2019/02/14

昔の航空写真がグーグルアースでも見れるようになっていた@国土地理院

 

 戦国時代の村から近世の村への変遷に興味を持ち、『近世関東の土豪と地域社会』(鈴木直樹 著)という本を貸りてきた。

 現横浜市南区の永田(村)が取り上げられており、自分は以前その隣の区に住んでいて、土地勘があるから理解しやすいだろうと思ったのだ。

 

 

 地域の歴史について本なので、よりわかりやすく読むためにグーグルアースを立ち上げ、さらに明治時代の地図

https://habs.dc.affrc.go.jp/

をレイヤで表示しようと思って検索していたら、国土地理院の年代別航空地図もグーグルアースにレイヤ対応していることを知った! というより知らなくて損した! いや損はしてないが、何時の間に!?

地理院地図KMLデータ

 グーグルアースも登場して久しいが、初めてインストールした時は、「これはもはやドラえもんの道具か!」と興奮した。

 さらに図書館から、子供の頃から読んできた冒険記や探検記を借りてきて、ルートを辿ったりしながら一週間くらい寝食も忘れてハマってしまった。危うくアパートの一室で遭難死するところであった。

 グーグルアースとVRと、ランニングマシーンやエアロバイク、あるいは車いすと連動して、自宅で山岳トレッキングや大自然の絶景を楽しむことができるような製品の開発を待ち望んでいる。そうすれば老後は足腰が不自由になっても、自宅で海外旅行や極地探検気分を味わえるではないか。

 歳を取るほど生きる楽しみや刺激は減ってしまうというイメージがあったが、テクロノジーが発達するほど未来の生活は面白く、楽しくなるのではないかと期待してやみませんのだ。

down

コメントする




スポンサーリンク