古代アレクサンドリア図書館と視聴覚室の収蔵資料目録

書籍や映像コンテンツ、ライブイベントやミュージアムなどの見聞記

縄文人ゲノム解読 現日本人とは遺伝子の12%が共通

time 2016/10/14

縄文人ゲノム解読 現日本人とは遺伝子の12%が共通

時論公論「縄文人ゲノム解読 私たちのルーツは?」
福島の貝塚の人骨から採取した
縄文人の核DNAは
現代の日本人とも他地域のアジア人とも
かなり隔たっていたことが発表された

 
 平日23時55分からの10分間、日をまたぐNHKの解説番組、時論公論「縄文人ゲノム解読 私たちのルーツは?」(10月10日放送分)を視聴。

 新発見かと思いきや、4月に放送した科学番組「サイエンスZERO」でやっていた、

 福島県の三貫地貝塚の縄文人から採取した核DNAの分析結果のダイジェストらしき内容だったが、こちらのほうが短いぶん要点がわかりやすく絞られていた。 

 上記の番組公式サイトに内容が掲載されているが、ピックアップすると、

・今までのミトコンドリアDNAではなく、古代日本人の核DNAの解析に初成功!

文字に例えれば、ミトコンドリアDNAは2万文字以下、核DNAは32億文字という従来より飛躍的に豊富な情報が得られる。

・核DNAを採取したのは男女一体づつの2体の頭蓋骨の奥歯から。

現代人とは遺伝子の12%が共通している(以前は2割くらいは共通してるんじゃね? と予想されていたが‥‥)

・4万年前から2万年前の間に大陸から渡ってきた人々が縄文人の祖先、その後に島国ゆえガラパゴス化?(は言い過ぎかw)

・東北地方のわずか2体のサンプルなので、西日本~の縄文人は違う可能性もあるかもしれない???

・解説の最後はNHKらしく「我々現生人類にはネアンデルタール人のDNAも数%入っているという研究発表もあるのだから、多様性を受け入れて共存できるはず。」という“未来への希望”みたいな結び。

しかし、共存してたならなんでネアンデルタール人だけ滅びちゃったのよという疑問もw‥‥。

とはいえ、RPGでお馴染のエルフとかドワーフとか、人間に似てるんだけど種が違う「異人種との交流」が数万年前に本当に行われていたと想像するとSF(すこし不思議by藤子F不二雄先生)どころか、KF(かなり不思議byDAI語)。

上野の国立科学博物館にあるネアンデルタール人の男像はプロレスラーのようにマッチョで争いごとを起こしたくない雰囲気だが、海外の博物館にある女子のネアンデルタール人復原像は赤毛に青い瞳で可愛いらしく、これなら“異文化交流”したくなりますナ。

赤毛のネアンデルタール少女、ということは「赤毛のアン」か。おあとがよろしいようで‥‥。


送料無料/そして最後にヒトが残った ネアンデルタール人と私たちの50万年史/クライブ・フィンレイソン/上原直子

down

コメントする




スポンサーリンク