古代アレクサンドリア図書館と視聴覚室の収蔵資料目録

書籍や映像コンテンツ、ライブイベントやミュージアムなどの見聞記

ダーイッシュ(自称イスラム国) 野望の行方① 潜入取材編 AbemaTV『VICE』

time 2016/08/11

ダーイッシュ(自称イスラム国) 野望の行方① 潜入取材編 AbemaTV『VICE』

今さらながらAbemaTVにハマる。
無料ネット放送局? としては
手軽さも質も量も他を圧倒か
まずはイスラミック・ステイツの潜入ドキュメントを見た感想から
開始直後にアプリをタブレットに入れてみたものの、ほとんど見ることもなく放置していたAbemaTV。しかし、UFC(アメリカのMMA(総合格闘技)興業)を生中継するというので改めてアプリ を立ち上げてみると、こんなにいろんな番組やってたのかよ! と今さら感心しつつ、部屋にいる時はほとんど付けっ放し状態になってしまった。

アニメだけで6局もあり、最新のアニメから懐かしのアニメまでやってるのだが、親会社がテレビ朝日 なので自分が信者レベルで大好物の藤子アニメや、コロコロコミック原作アニメまでやってるからついつ いチェックしてしまうではないか。こっちだって仕事とかいろいろやらなくちゃいけないことがあるのに ‥‥録画できないからリアルタイムで見てしまう。もう止めてけれ~とゆいたいです(はぁと)。

洋楽や映画も地上波より興味を惹くものが多く、ヲタッ気のある人間であれば地上派キー局の番組より も見たくなる番組が多いと思われる。そんな中で自分が一番見ているチャンネルは『VICE』という危険・ヤバイ・怪しげなモノ中心のドキ ュメンタリー・チャンネルのようなもの。(ドキュメンタリーのチャンネルははまた別にあるんだけど、そちらは映画系が多いようです)

地上派テレビなら深夜か、これはちょっと放送自体が厳しいかなといった犯罪・戦争や反社会的組織などデンジャラスだったりアン ダーグラウントだったりする取材映像をひたすら流して いるのだから気にならざるをえない。

その中でも、なんとも印象に残ったプログラムを紹介というか備忘録として残してお こうと思い、とりあえず本作品から。といってもこれは公式にYoutubeにも公開されてますが。

本作はIS(いわゆるイスラム国)のドキュメ ンタリー。潜入取材したジャーナリスト(日本人ではない)によるIS支配の実態報告。ISの 支配地域とはいえ、もちろん一般市民は日常生活を営んでいるので、街角には当たり前のように物売りが いて、民事裁判(?)も裁判所に申請すれば可能なようだ。日本のお役所のような裁判の申請課? は結 構混んでいるようで、農作物の分配に不満を持っているらしい男が「いとこを訴えるんだ」なんて語る。ISと いうと映画やマンガに出てくるような“悪の組織”のようなイメージだけど、その支配都市では世界中ど こでもあるような訴訟が繰り広げられているという、なんだか拍子抜けなリアルだったりする。裁判はシ ャリーア(イスラム法)に則って行われるというが、果たしてアノ男性は「勝訴」の紙を誇示しながら報道陣の前に姿を現すのであろうか?(そんなことはしませんわな‥‥)

ISは弱者救済にも取り組んでいるといい、金持ちから税を取り、収入の少ない家庭には補助金が出る という。「ISよい国一度はおいで~、地上の楽園イスラミックステイツ!」的な宣伝のためかも知れな いが、もし現実に日本よりも弱者救済がなされているのであれば、なんとも複雑な気分になってしまうで あろう。

ISは兵士に覚せい剤を使用させているという証言も興味深い。そして、さらに“複雑な気分”を喚起 させられるのが、年端もいかぬ少年たちと遊びながら、ISの思想を植えつけていく大人たちの姿だ。

小 学生くらいの男の子が「ISは間違ったことはしない。ISに敵対する国とその同盟国の連中はブッ殺し てやるぜ!」とフリースタイルダンジョンな人たちよりも強烈なアティテュードを示してくる。もちろ ん、その中にはアメリカと同盟国である日本も含まれているから困惑しちゃうんだが。

このドキュメンタリーに写っている少年たちの何%かは、戦場で戦死したり自爆テロを決行して多くの 人間を巻き添えにして死ぬのだろうな‥‥と、たまらん気持ちになりつつ視聴終了。そして地上派テレビ を付けると、平和の祭典のオリンピックの中継ばかりの異空間。とはいえ、これが現在進行形の世界か。
もし仮にISが五輪参加を表明しても認められることはないだろうが、「だったら俺たちで国際的スポー ツ競技会をやってやる!」と強引に開催したらどんな大会になるのか‥‥? もしくはUFCに格闘家を 送り込んだりとか‥‥観たいんだけど観るべきではない問題が内在してそうな、これまた複雑な気分にな りますが‥‥。

down

コメントする




スポンサーリンク