古代アレクサンドリア図書館と視聴覚室の収蔵資料目録

書籍や映像コンテンツ、ライブイベントやミュージアムなどの見聞記

英国地下格闘技 素手で殴りあう漢たち AbemaTV『VICE』

time 2016/08/19

英国地下格闘技 素手で殴りあう漢たち AbemaTV『VICE』

「地下格闘技」というタイトルを見て、映画『ファイトクラブ』のようなモノか、それとも大富豪がVIP席で葉巻の煙をくゆらせながら、大金を賭けて残酷ショーを楽しむような、昔の格闘マンガライクなヤバイ世界の話なのか気になって視聴してみた。

現在イギリスでは、近代競技としてのボクシングが確立する以前、グローブなしで殴り合っていた「ベアナックル・ボクシング」を復活させたイベントが行われているという。

伝統あるボクシングだけでなく、MMA(総合格闘技)のトップ選手が大金を稼ぐようになった時代に、わざわざ「ベアナックル」で闘うことを選ぶ連中とはどのような男なのだろうか? すると、ベアナックルのファイターは世間のはぐれものであるという解説が入り、その世界で生ける伝説である現役の人気選手ジェームスが紹介される。

「俺の拳は壊れているんだ」とゴツく変形した拳を見ただけで、コイツは相当イカれた経歴の持ち主に違いないことを予感させる。そんなジェームスにも彼女がいて「私には真剣に向き合ってくれるけど、試合の時の彼は別人みたい。本音を言えば止めて欲しい」と、そりゃそうだよなと極めて当たり前の女性らしい心情を吐露する。

実際どのように試合が行われているのかというと、これがかなりのインパクト! 1メートル以下ほどの高さの牧草? のブロックで3m? くらいの4角形のスペースを囲み、その中でいかつい男がガチでボコボコに殴り合うのだ。ボクシングのリングに比べて非常に狭いため、フットワークによるディフェンスといった技術も使えず、素手だからすぐに流血する。選手の体型もボクサーほど絞り込まれていないので、見た目はまさしく荒くれ男同士のストリートファイト、まるっきりケンカにしか見えない。

その周りをギャラリーが取り囲む光景は、刑務所の家畜小屋で受刑者同士がケンカしているように見えなくもない。(イメージはあしたのジョー)

この試合で殴り合いをしている二人も、いかにも血の気の多そうな若者vs初老のオッサン風の男という、これまたおよそスポーツ競技っぽくない組み合わせ。

白髪頭で生え際も後退している初老の男は、若い頃は荒くれ者で麻薬の密輸で刑務所入り、この年でも血の気が薄まらないのか、ベアナックルに生きがいを見出しているようだ。

対する若者はいかにもケンカが好きそうなタイプ。後日、本格的な試合を控えているが、相手の指が目に入ったらしく苦しそう。だが、次の試合は大丈夫? と声を掛けるレポーターには、なんてことないさと強気に答え、修羅場経験の豊富さを感じさせる。

もう一人紹介される選手も、タトゥーバリバリの元不良。やはり彼も、ストリートで暴力衝動に身を任せることでは得られなかった何かをベアナックルに見い出し、今では若者の更正にも関わっているという。

そして再びジェームスが登場。アメリカのベアナックル野郎を呼んで行われる『大西洋王者決定戦』にイギリス代表として出場するのだという。レポーターを相手に、打撃技術を実演するジェームス。
「アゴに10発入れるよりボディの一発が効く、息が出来なくなるからだ」などとベアナックル特有の闘い方を語る。だが、貴方はパンチドランカーですよね? 家族との思い出を失うことに恐れはないのですかといったとガチな質問をされ、「リスクは承知の上だ」と覚悟を示す姿は映画に出てくる魅力的なアウトローのよう。

いよいよ試合が迫り、対戦相手のジェイソンが登場するが、この男もいかにも眼光鋭いケンカ屋といった面構え。「最近のファイターはボクサーが多いが、俺は違う」と独特のファイト哲学を持っているようだ。
会場への到着が遅れるジェームスに、苛立つジェイソン陣営。ジェームスに何かあったのか? という不安感が漂う中にようやく本人が現れ、試合開始。

両者アグレッシブに闘い、白熱する激戦から鮮烈なラストが!
筆者がAbemaTVを見始めたのはUFCを見るためだったけれど、現在のMMAはかなり洗練されてきて、初期の頃の荒くれの腕自慢の殴り合い、といった「地下格闘技感」はすっかり過去のものになった。

対してベアナックルは、厳密なルールの元で行われるスポーツ競技の公式試合というより、ストリートバスケや走り屋の公道レースのようでもある。将棋でいえば古の真剣師の世界か。きっと、それゆえの様々なドラマがあるのだろう。
ハイレベルな技術や試合展開以上に、人がなぜ敢てリスクを背負って勝負に挑むのかという問いの答えを求めて、今日もまた勝負する人間と、その勝負を見たいという人間がどこかに集まるのだろう。
※以上、リアルタイムで見たものを書き殴っているので間違いなどあるかもしれませんが、興味を持たれた方は視聴して確かめてください。

down

コメントする




スポンサーリンク